茨城県で樹木葬というお墓を販売

茨城県の笠間市に常陸国出雲大社というところがあります。



その大社で行われる樹木葬というお墓の区画間販売が行われています。



木杭を中心とした2m四方の土地が1区画として販売されます。

エキサイトニュース

そんな区画の中心部に指定される花木を植樹されて、その下に50cm程の穴を掘ってお骨を埋葬するものです。
区画内であれば複数体埋葬には追加使用料がかかりますが可能になっております。


合同区画というプランには山桜・しだれ桜がシンボルの約50?四方の区画です。
区画内に1名のみの埋葬です。

管理料込みで安価で永代供養いてもらえます。

宗旨や宗教は問わないということですので誰でも入れることになります。茨城の代表する寺院になっています。

また販売会社がイオンというのも特徴にもなっています。


茨城という土地柄も合ってかそれなりの評判にもなっています。
樹木葬は墓石がないので樹木と芳名のプレートですので、永代供養の予算をすくめても低予算で埋葬してもらえます。

また平成27年春には樹木葬霊園内に永代合祀墓の杜の泉も完成しました。


杉苔の施された高さ3mの三角錐のモニュメントは自然と一体となって趣のあるところでその頂点には宮司自ら制作したガラスのシンボルが設置されております。

周囲は水盤に囲まれ、やすらぎ空間を演出しております。
また、料金内で礼拝スペースのプレートにお名前を彫刻することもできます。

少子化の進むといわれるこれからの時代になりますので、ますますの利用が求められると思われます。