埼玉で自然葬を行うには

自然葬とは、亡くなられて遺灰になった方を自然に還す形式です。


亡くなられた本人にとっては自分は生き物の自然の流れの一部として貢献できると生前から満足できる反面、遺族からは大事な人の遺灰を破棄するわけですので、抵抗がある人もいます。


埼玉県は海に面しており、自然も豊富です。自然葬をするには適した場所です。ただ、埼玉というのは東京へのアクセスが近く、出稼ぎで来ている人も多くいます。

散骨について知りたいならこちらです。

そうした人たちは自然葬を望んでいて、周りに言っていたとしても、家族の耳には入らずにそのまま遺灰が家族の元で保管されてしまうことも多くあります。

47NEWS

そのため、埼玉に住んでいる人は、予め自然葬をして欲しいという遺書を書いておく必要があります。若い人は抵抗があるかもしれませんが、人間というのはいつ死ぬかわかりません。


遺書を作っておくことは自分の意思を表明するということであり、重要なことです。
臓器のドナー提供のように、自分の死というものは自分で管理しておくことは重要な案件です。
自然葬を選ぶということは、大地や海の一部となるということです。

遺灰は魚や土などの糧になり、それによって自然界に自分を還元させることができます。


埋葬方法は色々ありますが、最もシンプルなやり方です。キリスト教のように死体を棺桶に入れて閉じ込めておくという方法も一つの手段ですが、ネクロフィリアや臓器目的で墓荒らしが出てきます。また、墓の土地がなくなってきているのも現状です。