千葉で墓じまいすることの意味

現在墓を管理する親族が不在となっている暮石が千葉には多数あります。その場合は墓じまいをしなければならなくなります。

毎日新聞

または、墓を親族が管理しやすい場所に移転させるために墓じまいが行われる場合もあります。
今回は、親族不在で墓じまいをすることになったケースを検討していきます。

1、自治体や公園墓地の管理人等が代金を負担して行います2、暮石から骨壷に至るまで全てを業者が撤去します。
3、ご遺体は無縁仏として、暮石は粉砕して道路整備等に活用されます。
それぞれ具体的に確認していきます。

1、千葉では自治体が負担をして業者に依頼することが多くなっています。

遺言などで管理する人を定めていかなければ今後ますます増加することになってしまいます。

2、業者は平らな土地になるまで全てを撤去してしまいます。

暮石が放置されている期間が長くなるとひび割れや破損など悪影響がでてしまいます。


3、ご遺体は無縁仏としてお寺などに安置することになります。

暮石はそのままでは文字等が入っており使えないので粉砕して道路整備等で使用されます。

このように、千葉では墓じまいの専門業者はいるものの、このまま利用者が増えることは避けなければなりません。



遺言や生前に墓の管理者を定めておいておくことにより、死後も安心して眠ることができるのです。
墓を管理することが難しいのであれば永代供養をしてくれるお寺も現在は増えてきています。

なにが自分らしいのかを話しあっておいた方がよいでしょう。

目的別の千葉の自然葬選びであなたの手助けをします。